ステップアップガイド出品者編

手順

  1. フリマに出品する

  2. 商品をアピールする

  3. 商品を分類する

  4. 関連商品を掲載する

  5. ストア名を設定する

  6. twitterを活用する

  7. 商品を売る

  8. 売買フレンド申請をする

  9. ストアアバターを設定する

個人売買掲示板/フリマに出品する

出品者として最初のステップは出品です。フリーマーケットに出品

商品をアピールする

出品者のセンスで商品をアピールできます。簡潔なタイトルと競争力のある価格で購入希望者に訴えても良いですし、商品詳細を充実させても良いと思います。また、商品画像の見栄えにこだわるのも有効です。消費者が求めている商品を競争力のある価格と商品説明でアピールすれば市場原理が機能していてユーザーに対する質が重要視されるのであれば必ず購入者の要求のもとに届くはずです。

商品を分類する

商品にタグを付けることで商品を分類できます。複数の商品に関連がある場合にはそれぞれの商品にタグを付けて商品をまとめて購入者に見せることができます。タグによる分類では、すべての出品者が同じタグを共有します。

関連商品を掲載する

複数の商品に同じタグを付けることで商品掲載ページに関連商品を掲載することができます。現在、3つの商品に同じタグを付けると商品掲載ページに関連する商品が載るようになっています。

ストア名を設定する

商品を一つでも出品するとストア名を設定することが出来ます。ストア名を設定するとストア専用ページが開設されます。ストア専用ページでは、出品者が出品した商品のみが閲覧可能になっており、出品者のプロフィールとストアデータが表示されます。

twitterを活用する

出品をするとtwitterを使って商品を宣伝するためのリンクが用意されています。twitterを利用している場合に活用できます。

商品を売る

商品の購入希望者が商品を見つけた場合、直接メールするか、問い合わせフォームから出品者に連絡が届きます。取引手順(準備中)を参考に取引を進めることが出来ます。

売買フレンド申請をする

取引が終了したら売買フレンド申請をしてみましょう。売買フレンド申請とは出品者から購入者の方への評価になります。なお、購入者が評価のお返しをすると売買フレンド申請が承認され、以後出品者のストアの売買フレンドリストに購入者が掲載されるようになります。一方評価のお返しをした購入者の評価コメントは商品掲載ページに公開されます。

ストアアバターを設定する

ストア専用のアバター画像を設定できますストアアバターの設定

ストアアバターを設定するとストア専用ページ等にアバター画像が表示されるようになります。アバター画像には、店長様の写真や愛犬などのペット画像、似顔絵その他好きな画像を設定できます。アバター画像の設定・表示にはGravatar(外部サイト)を利用しています。